スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえるための心得。

夢をかなえるための心得をいくつか紹介していきたいと思います。

みなさんに心得なんてえらそうなことを言う前に僕の夢について
僕自身の紹介とともに書いてみます。

僕の夢は、自由人です。

やりたいことをやりたいときにやりたいだけやる。

そんな生活を夢見て今を生きています。

そんな生活を目指すにはまず、

ほかの人にどう思われようと気にしない。

僕が僕らしく生きるために毎日を送っているのだから。

しかし、自分らしく生きるということをかんちがいしてしまってはいけない。

僕らしい生活を送るためには周りの人たちへの感謝を忘れてはいけない。
たとえば、この瞬間でも僕の考えをこのブログに載せているのだから、
このブログを作った人や運営している人にも感謝しています。

たとえば、今日食べたご飯。僕の下に来るまでたくさんの人たちの時間や労力がかかっています。
そのことにも感謝です。

ここで誤解をまねくといけないので言っておきますが、
僕は宗教やグループなどにはいっさい入っていません。
また、特定の神とかをしんじることはありません。

そういったことを信じている人たちのことも否定もしません。

ただ僕はそういったことには一切かかわっていません。

・・・話を元に戻すと、

感謝。
これは僕が本をたくさん読むようになってから思うようになったのですが、
牛乳を飲もうと思ったら、
冷蔵庫をあけると牛乳が入っています。
その牛乳をコップに入れて飲むととても簡単に飲むことができます。

しかし、ちょっと考えて見ましょう。
だれも僕の下に牛乳を運んできてくれなかったら?
でも牛乳を飲みたい。

まず、乳牛を探さなくてはいけません。
探して見つかっても搾乳の方法を知りません。
 
仮にどうにかして搾乳できたとしましょう、
そのまま飲んでも安全なのかどうかもわかりません、
加熱処理という言葉を生半可にしっているものだから、
加熱殺菌が必要かどうかで不安にもなります。

僕が200円で牛乳を買うことは簡単だけど、
僕が自分の力だけで牛乳を飲むとしたら
多大な時間と労力を要することでしょう。

そういった意味で僕は牛乳やその周りの人にも最近は感謝することができるようになって来ました。

こういったことを話すとちょっと引いてしまう人がいるでしょうがw

でも大切なことだと思います。

最近、何のために僕はここにいるかがわかってきました。
すると、たくさんのことの成り立ちや仕組みが見えてくるようになりました。

もちろん自分の人生についても。
たくさんの不安や恐怖、希望や喜びが待ち受けていることがわかります。

ただ、僕のやっていることは何かしらの意味が持たされていることに気づきました。

誰にでも自由に生きる権利があるということがわかりました。

親に大学に行っていい会社に入って安定した収入を得て幸せな家族を築きなさいといわれて
そだってきた世代なので、
僕がこれからやろうとしていることはそのレールから離れてしまうことです。

なにせ、自由に生きようとしているのだから。

仕事をしないでやりたいことをやる。

しかし、その結果それが仕事になる。

僕はギタリストを夢見てました。

しかし、本当の僕の目標はギターが弾けるようになる!
ということでした。

ギターを弾いてはや12年。

もう耳コピで弾きたい曲はたいてい弾けるようになりました。
LarryCarltonのRoom335やrio sambaなどもすべて耳コピで完コピして
プロのギタリストにも認められる表現を実につけました。

気がついたら僕はなりたいギタリストになっていました。
僕はみんなの前でギターを弾いてそれを見せたいわけではなく、
自分でギターを弾いていればそれで満足なのだ。
ということに気づきました。

スタジオミュージシャンの仕事を何回かしましたが、
心に響くギターを弾こうとは思えませんでした。

そして、ギターの教室を開きました。
何人もギターを教えました。
その生徒たちはそれぞれ年月とともにうまくなり、
ギターのたのしさを知ってもらうことができたと思います。

しかし、僕は何がしたいかわからなくなってきました。

スタジオミュージシャンをつづけるにはやりたくない練習や課題も山ほどありました。
それは仕事という面でギターを見るとニーズがでてきて
僕の中のシーズを育て、需要に見合った供給をするというビジネスの世界もあることに
気づいて、なにかがはじけてしまいました。

それ以来ギターの練習をすることもなく
マグマのように熱い情熱は
真冬の湯たんぽみたいなゆっくりとじわじわあったかい情熱へと変わっていきました。

最近僕はギターの練習をあまりしていません。
自分でギターを録音してみても以前のような勢いやタイトさはなくなってしまってはいます。
しかし、弾きたいときにだけギターを弾くようになりました。
もし、勢いやタイトさがほしくなったら練習をすれば戻ってきます。

以前のように
やらなくては・・・
練習しなくては・・・
難解なコードワークを覚えなくては・・・
スケールの引き出しを増やさなくては・・・
リズムをもっとシビアに感じなくては・・・
もっともっとギターがうまくならないと・・・

といった不安やあせりがなくなりました。
一時期はギターが弾きたくなくなるぐらいギターの練習をしたこともありました。

やりたくない仕事やライブをこなしていたときもあります。

有名なギタリストのもとでギターを学んでいたときもあります。

有名な超大御所スタジオミュージシャンに認められたときもあります。

しかし、
僕はギターを直接の仕事にすることをやめました。

僕には才能がないんです。

才能のある人は僕の体験したギタリストとしての
人生の壁を乗り越えていける人たちのことです。

僕は乗り越えることができませんでした。
僕の人生はギターだけでなくほかにもたくさんの興味があります。

しかし、
自慢するわけではないですが、
僕の体験したことや感じたことや考え方はプロのお墨付きです。

それには幾分かの自信をもっています。

その経験やイメージをこれからのギタリストにすこしでも還元できればいいと思っています。

そこでギタリストになるための心得を少しずつではありますが
こちらのブログやホームページに掲載していこうかと思います。

できたら
僕の知り合いであるプロのギタリストにもういちど会いに行って
インタビューをしてその状況やフレーズ、心得をいただいて
ホームページにて紹介していこうかとも思っています。

事務所の許可がでればいいですけど。
出ないようでしたら個人でスタジオミュージシャンやライブミュージシャンをやっているひとを
探してみたり、匿名での掲載をやっていこうかと思っています。

最近こういった思想の記事が多いですが、
ギタリストになるためにはようは考え方でなれるかどうかがわかれるので
こういった考えることも大切だといいうことを知っておいてください。

ではここで最初の心得を一つあげてみたいと思います。

心得 『自分の好きなことをしなさい。』

自分の好きなことをやるということは大切なことです。
しかし、自分の好きなことをやるということは自分勝手にやるということとは180度違うことです。
まずは自分の周りに心から感謝して、
自分のやれる範囲内で自分の好きなことをやってください。
誰かが言ったいいものではなく誰かにすすめられたいいものでなく
自分が感じたいいものを見つけてください。
誰かが言ったいいものでも誰かに進められたいいものでも自分がいいと思ったら
それに触れてみてください。

好きなことだけをやっては生きてはいけません。

好きなことをやるには20%くらいのいやなこともあります。
それを乗り越えられるくらいのやりたいことを見つけてやってください。

周りになにをいわれてもなにをされても気にならないような
好きなことをやってください。
おのずと回りに人が集まってきます。
その人たちに感謝して自分を共有するとその人たちから
新しい情報を得ることができます。

そうやって自分の人生の基盤をつくる。
これはギターだけに限らずです。

これが第一の心得です。

僕はみなさんがいいギタリストになれることを心から祈っています。

長文になりましたが、
ここまで読んでくださって方々。
本当にありがとうございます。

すこしでも力になれるように僕もがんばります。


コメントはいつでも受け付けています。この記事が古くなっても受け付けていますのでよろしくお願いいたします。
ホームページを作るうえでのよい活力になりますのでご意見ご感想をいただけるとうれしいです。
コメントにはすべてに目を通しますが、返事のできないこともありますのでご了承ください。

製作途中ではありますがホームページはこちらです。
↓      ↓      ↓
http://f0rtheguitarist.web.fc2.com/
スポンサーサイト

非公開コメント

とぃったー(笑
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ このブログがおもしろかったらおしてください☆
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。